股がアンモニア臭い原因と解消のために心がけること

股から強いアンモニア臭が発生する原因

 

股から強いアンモニア臭がするのはナゼ?

 

女性器は男性器と比べて構造が複雑です。

 

 

陰部や股周辺に尿が残りやすい上に、尿キレが悪いと下着に尿が付着しますし、尿がついて濡れたトイレットペーパーが陰部にくっついたまま!ということもありますよね。

 

 

さらに、

 

  • 尿が陰毛に付着する。
  • 恥垢を落としきれていない。

 

などの理由で、アンモニアの臭いが発生しやすいんです。

 

 

恥垢とは、膣からの分泌物、尿、角質汚れ、皮脂が固まった垢などからできたもので、見た目は白く、粘り気のあるカスのようなものです。これがもう本当にくさい。強いアンモニア臭の固まりです。

 

 

また、通気性の悪い下着を履くことによって蒸れてしまい、下着内にアンモニア臭が充満しやすくなります。更に蒸れと高湿によってニオイはどんどん増えていきます。

 

 

そして、充満した嫌な臭いは下着を脱いだ時に陰毛によってムワッ!っと拡散されます。拡散されるのには理由があって、もともと陰毛には「陰部を守る」という大切な役割のほかに、「尿に含まれるフェロモンを拡散する」という役割があるからです。

 

 

今となってはほとんど必要とされていませんが、これはかつて人が動物だったときのなごりだと言われています。

 

 

乾燥に気をつけてすみずみまで洗う事がニオイ解消の第一歩!

 

自分の陰部の形状を理解して、すみずみまで洗うことで臭いを解消、または改善することが出来ます。

 

 

普段は「デリケートな部分だから・・・。」と、シャワーだけで済ます事が多いかもしれません。しかし女性器は複雑な構造なので、シャワーで軽く流すだけでは汚れを落としきれません。

 

 

そこでオススメなのが、デリケートゾーン用の刺激の少ないソープです。市販の石鹸やボディソープは洗浄力、刺激が強すぎて、陰部に使用するのには適しません。

 

 

あなたも、市販のもので洗った時にヒリヒリした経験はありませんか?

 

 

デリケートゾーン用のソープであればそんなことはありません。肌に優しく、保湿しながらしっかりと汚れを落とすことができます。

 

 

ソープで股を洗う祭は手で優しく洗ってください。スポンジやナイロンタオルなどでゴシゴシ洗いをするのは控えてください。

 

 

ゴシゴシ洗いは肌を傷つけ、乾燥肌を招きます。乾燥肌になると、

 

  • 肌のバリア機能が低下して雑菌の増殖しやすい環境になる。
  • 潤いを取り戻そうと皮脂が過剰に分解される。

 

というなんとも嫌な連鎖が起こり、臭いを加速させます。デリケートな場所は手で優しく洗ってくださいね。

 

 

これに加えて、

 

  • 蒸れにくい素材(綿製品やシルク)の下着を履く。
  • 小さく締め付けの強い下着を履かない。
  • 陰毛をちくちくしない程度にカット、または脱毛する。

 

などを組み合わせると、より早くニオイを改善することができます。脱毛以外はすぐに取り入れることができるので、是非並行して取り組んでみてくださいね。

 

 

【脱毛について詳しく!】股の臭い解消に脱毛が効果的な理由とは?

 

 

クチコミ評価の高いデリケートゾーン用ソープについては以下を参考にしてくださいね♪

タイプ別股の臭い最短ケア方法