股が臭い原因と対策の考え方

股が臭い原因と対策の考え方

 

股の臭いの原因って何なの?

 

トイレに入るとき、お風呂に入るとき、下着を脱いだ時に遭遇する嫌なニオイってありますよね。

 

 

汗をかいた時や生理の時は特に強く感じます。ある程度のニオイは誰にでもあることですが、ふとした瞬間の強いニオイに気づくと、近くにいる人にニオイが漏れていないか不安になります。

 

 

なんとかしたくて念入りに洗っても、すぐに臭いが復活してしまい、なかなか解決できません。

 

 

一体この臭いの原因は何なのでしょうか?

 

 

気になるデリケートゾーンの臭いの原因は大きくわけて3つ!

 

1.雑菌の繁殖によるもの。

 

雑菌は湿った場所が大好き

 

臭いの主な発生原因は雑菌の繁殖によるものです。デリケートゾーンは複雑な構造をしています。そのため、ケアが不十分だと汚れが残りやすく、さらに蒸れやすいため雑菌が増殖しやすい環境にあります。

 

 

例えば生理時であれば、経血や汗の分泌によって特に蒸れやすくなり、経血に含まれる豊富な栄養によって雑菌が増殖しやすくなります。

 

 

他にも雑菌が好むものとして、「恥垢」があります。恥垢とは、膣からの分泌物、尿、角質汚れ、皮脂が固まった垢などからできたもので、見た目は白く、粘り気のあるカスのようなものです。

 

 

恥垢自体に強烈なアンモニア臭がありますが、雑菌の餌にもなるので、さらに臭いを強くする原因になってしまいます。

 

 

その他、汗と共に分泌された皮脂が雑菌によって分解されても強い臭いが発生します。

 

 

また、毛穴に詰まった角質や皮脂汚れも臭いの原因になります。これらが固まったものが「垢」ですが、綺麗にケアできていないと下着の摩擦で毛穴に詰まってしまい、それが酸化して臭いや黒ずみの原因となってしまいます。

 

 

さらにトイレットペーパーで拭き取りきれなかった「陰毛についた尿」も臭いの原因となります。特に尿の水分やアンモニアは雑菌の大好物で、より雑菌の増殖が加速します。

 

 

それに伴って臭いも増し、さらに皮脂が酸化・分解された臭いとが混ざり、複雑で強烈な臭いになってしまうのですね。

 

 

2.膣の状態異常によるもの。

 

もしかして病気のサイン?

 

  • 臭いが明らかにいつもと違う。
  • 生魚のような悪臭。

 

このような場合は、膣が何らかの婦人科系の病気にかかっているサインかもしれません。

 

 

臭い以外にも、

 

  • おりものの量が増えた。
  • おりものの色が変わった。
  • おりものの状態が変わった。
  • 痛みやかゆみが出てきた。

 

のような別の症状が出始めたらすぐに婦人科に行って相談してください。

 

 

子宮頸がんや子宮内膜炎などの疾病や淋病、トリコモナス膣炎などの性病である場合もあります。

 

 

また、比較的なりやすい疾患では「ガンジダ膣炎」があり、これは痒みを伴います。

 

 

ガンジダ菌は膣内の常在菌ですが、膣内を洗いすぎたり抗生物質を服用したりと何らかのきっかけによって膣内の善玉菌のバランスが崩れ、ガンジダ菌が増えすぎるとカンジタ膣炎になります。

 

 

清潔に保たなければいけないデリケートゾーンではありますが、洗いすぎるのはNGということですね。

 

 

3.スソワキガによるもの。

 

もしかしてスソワキガ?

 

股の嫌なニオイの原因の一つに「スソワキガ」が挙げられます。スソワキガとはワキガの臭いが陰部から出るものを言います。

 

 

アポクリン腺からの汗が主な原因です。人の汗腺には2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺とに分けられます。

 

 

エクリン腺は99%が水分なので臭いは特に発生しません。しかしアポクリン腺からはタンパク質・脂質・糖質・アンモニアなどの栄養たっぷりの汗が分泌され、これらと皮脂腺から分泌される脂肪酸が混ざり、雑菌にとって増殖しやすい環境が出来上がります。

 

 

そして菌によって分解されるとスソワキガの臭いが発生します。アポクリン腺は脇や陰部、乳輪、へそ、耳の中などにも多くありますが、体質によってアポクリン腺の量は異なります。

 

 

雑菌を繁殖させない環境づくりが股の臭い対策の鍵!

 

雑菌を繁殖させない環境作り

 

臭わない環境を作るためには、デリケートゾーンを正しくケアし、陰部を清潔に保つことが重要です。

 

 

陰部の構造は複雑です。水で洗い流すだけでは汚れは落としきれません。かと言ってゴシゴシと強く洗いすぎると、デリケートな陰部を傷つけてしまうので、できるだけ手で優しく洗ってください。

 

 

また、市販の石鹸やボディソープで洗うと、ピリピリすることもありますよね。これは、

 

  • 洗浄力が高すぎる。
  • デリケートゾーンに優しい成分ではない。

 

というのが理由です。このまま市販品を使い続けていると、陰部のバリア機能が低下して菌に対する抵抗力が落ちてしまいます。

 

 

正しいケア方法についてはこちらで詳しく説明しています。

 

 

 

 

また、臭い対策は外側からだけでなく、内側からの対策も必要です。実は食生活と臭いの関係は深く、嫌な臭いの予防・改善のためには腸内環境を改善する必要があります。

 

 

揚げ物や肉を多く食べる人は臭いが強くなりやすいといわれています。また、睡眠不足や運動不足、便秘などもニオイを強くする原因となるので、食生活や生活習慣にも注意が必要です。

 

 

正しい食生活と生活習慣の改善はこちらで詳しく説明しています。

 

 

タイプ別股の臭い最短ケア方法