股の臭いとかゆみが気になる場合の対処法

股の臭いとかゆみが気になる場合の対処法

 

臭いとかゆみが気になる場合の対処法

 

女性であれば、一度は股の臭いやかゆみに悩まされた経験はあると思います。実に多くの方がこの悩みを抱えていますよね。

 

 

身近な悩みであるからこそ、原因と対策方法をしっかりと知っておきましょう。きちんとした対処をすれば、その悩みを大きく改善・軽減させることが出来ます!(断言)

 

 

股の臭いやかゆみの原因は大きく分けて2つ

 

1.細菌が原因によるもの。

 

元々膣内には自浄作用があります。膣内を酸性に保つことで雑菌が繁殖しにくくなっています。

 

 

しかし、ストレスや体力低下、ホルモンバランスの乱れなど、様々な原因によって膣内の自浄作用が低下することがあります。

 

 

自浄作用が低下して雑菌が増殖してしまうと、細菌性膣炎になりやすく、股やおりもののニオイも変わってきます。おりものは生臭いさらっとしたものになり、かゆみなどが起こります。

 

 

細菌だけではなく感染症の場合もあります。例えばカンジタ膣炎の場合はドロッとしたおりものになったり、おりものの変色などが起こったりするので、そのような症状が出た場合はすぐに病院で診てもらってください。

 

 

場合によってはパートナーにも影響が出ます。ニオイやおりものが、

 

  • 少しおかしい。
  • いつもと違う。

 

と感じた場合は自己判断せずに婦人科を受診してください。

 

 

2.蒸れが原因によるもの。

 

下着が締め付けの強いものだったり、通気性が悪かったり、サイズが小さいものなどを履いていると、蒸れやすい上にかゆくなりやすくなります。

 

 

蒸れると陰部に

 

  • 毛についた尿
  • 生理の経血
  • おりもの
  • 皮脂

 

などが留まりやすくなり、それを餌にする雑菌が増殖することで嫌な臭いを発生させます。

 

 

元々陰部はアポクリン腺という汗腺が集中している部位(アポクリン汗腺の量は人によって違います。)ですし、構造も複雑なので、汚れがたまりやすい場所です。

 

 

分泌物も多いため、そこに蒸れという条件が加わると雑菌にとってかなりの好条件になってしまいます。

 

 

掻いてしまうと黒ずみになってしまうことも。

 

かゆいとついつい掻いてしまいますが「掻く」という摩擦刺激がメラニンを発生させてしまいます。これは肌の防衛機能によるものです。

 

 

特にデリケートゾーンの皮膚は薄いので、摩擦刺激による影響が出やすく、発生したメラニンが色素沈着を起こしてそのまま黒ずみになってしまう事が多いです。

 

 

また、掻き壊し、傷が治った後にその部分が黒くなることを炎症後色素沈着といいますが、これが酷くなると黒ずみが消えるまでに1年以上掛かってしまうこともあります。

 

 

身体の他の部位にも言える事ですが、肌を綺麗に保ちたいのであれば、「掻く」という行為は厳禁です!我慢我慢!

 

 

対処の基本は、蒸れを防いで清潔を心がけること。

 

細菌や感染症などが原因でなければ、常に清潔を保ち、蒸れない下着を履いていれば少しずつ良くなっていきます。具体的には、

 

  • 締め付けの少ないサイズ、蒸れない素材の下着を履く。
  • 陰部の形状を理解し、汚れをしっかり落とす。

 

の2つです。これをしっかり守れば雑菌の繁殖を大幅に抑えることができます。

 

 

ただし、いくら清潔にしたいからといって膣内を石鹸や水道水で洗うのはNGです。洗うのは外側だけ。そして洗うものも肌に刺激の少ないデリケートゾーン用のソープがベストです。

 

 

どうしても膣内を洗浄したい時は、自浄作用に影響のないインクリアなどの膣洗浄剤を使用してください。

 

 

婦人科医との共同開発!腟洗浄器inclearインクリア

 

 

膣内を石鹸やシャワーなどで洗ってしまうと、本来備わっている膣の自浄作用に影響を及ぼしてしまうからです。常在菌まで洗い流し、そこに雑菌が繁殖すれば嫌な臭いが発生し本末転倒になってしまいます。

 

 

また、股の臭いやかゆみを予防するためには、ホルモンバランスを整えることも重要です。体調が優れない時に臭うという場合もありますよね。

 

 

それを防ぐために、規則正しい生活、食生活によって自分の持つ膣の自浄作用を正常に保つことを心がけてくださいね♪

タイプ別股の臭い最短ケア方法