陰部が生臭いのはナゼ?日頃のケアで防げるの?

陰部が生臭いのはナゼ?日頃のケアで防げるの?

 

アソコが生臭いのはナゼ?

 

下着を脱いだ時の

 

  • ツンッとしたアンモニアの臭い
  • モワンッとした汗と皮脂が混ざった臭い

 

は、女性であれば一度は経験ありますよね。これらは臭いは気になるものの、特に健康には害のない臭いです。

 

 

しかし、陰部が生臭い、魚臭い、磯の香りなど、通常の臭いとは明らかに異なる場合もあります。

 

 

まずはオリモノの状態をチェック

 

通常のオリモノの色とは違い、オリモノが黄色、黄緑、白い泡状などの場合、細菌性腟炎トリコモナス膣炎の可能性が考えられます。

 

 

細菌性腟炎

 

膣の自浄作用が低下して膣内に雑菌が増えている状態です。自覚症状がほとんどなく、繰り返すことも多いです。

 

 

生理後に必ず細菌性腟炎になってしまう女性もいるくらい一般的な症状です。

 

 

トリコモナス膣炎

 

トリコモナス原虫の寄生によって発生します。ゴム無しの性行為だけでなく、タオル、便器の共有、プールや温泉などの湿った環境からも感染します。

 

 

かゆみ、痛み、排尿時や性交時に痛みが伴うこともあります。

 

 

陰部が生臭い場合はまずは婦人科に相談

 

細菌性腟炎は自覚症状がほとんどないのでわかりづらく、トリコモナス膣炎も初期状態では症状がないので素人目ではなかなか判断がしにくいです。

 

 

パートナーに迷惑をかけないためにも、臭いやオリモノに異常を感じたらまずは婦人科へ相談してください。

 

 

その後は日頃のケアをしっかりと!

 

日頃のケアをしっかり行えばある程度膣トラブルを予防することはできます。

 

 

その為には、「膣の自浄作用を高める(保つ)」「陰部周辺の環境を健やかに保つ」という2つのアプローチが必要です。

 

 

膣内の自浄作用を高めて膣炎になりにくくする

 

体力低下、ストレス、食生活の偏りなどで簡単にホルモンバランスは崩れます。膣の粘性はホルモンの働きによって調整され、自浄作用を保っています。

 

 

ホルモンバランスが崩れると自浄作用が保てず、菌の繁殖しやすい環境になってしまい、膣炎にかかりやすくなります。

 

 

それを防ぐために、規則出しい生活や栄養バランスの良い食事を心掛けてください。自浄作用を保ちつつ膣内を清潔にできる膣洗浄剤もあります。

 

 

婦人科医との共同開発!腟洗浄器inclearインクリア

 

 

陰部周辺の肌を健やかに保つ

 

陰部周辺の肌の環境が悪いと雑菌が外から侵入しやすくなります。体調の不調などが合わさると膣炎の原因になるので、肌状態を健康に保ち、雑菌の繁殖しにくい環境を保つ事が大切になります。

 

 

これは、デリケートゾーン用ソープで丁寧に洗いながらケアすることで簡単にできます。市販のボディソープは刺激が強力な界面活性剤により肌環境が悪化する恐れがありますので、陰部への使用は控えてください。

 

 

デリケートゾーン用ソープで丁寧にケアをすることにより、肌のターンオーバーが正常に戻り、バリア機能が復活します。バリア機能が復活すると、雑菌の増えにくい環境になるので、臭いも膣炎も予防できるというわけですね♪

 

 

陰部の環境を健やかに保つデリケートゾーン用ソープランキング

タイプ別股の臭い最短ケア方法