妊娠中や産後の股の臭いのケア方法

妊娠中や産後の股の臭いのケア方法をご紹介します♪

妊娠中や産後の股の臭い

 

妊娠中や産後は女性ホルモンの変化によって股のニオイが変化しやすくなります。

 

「気にしなければ良いんじゃない?一時的なものだし。」

 

そんな声もあります。

 

でも、気になるものは気になりますよね。妊娠中は検診とかもあるし…。何より自分が不快…。

 

ケアをして少しでもニオイを減らしたい。できるだけ早く。

 

そんな急ぎの方に答えを先に言ってしまうと、臭いを減らす方法はこの2つ。

 

  • 妊娠中…デリケートゾーンソープでケアしてください。
  • 産後…デリケートゾーンソープと乳酸補給のWケア。

 

ではなぜこれらを行えば臭いは減らせるのでしょうか?

 

妊娠中・産後それぞれのケースで詳しくご説明します♪

 

妊娠中の股のニオイ対策はこちら
産後の股のニオイ対策はこちら

 

【早く解決したい】妊娠中・産後に安心して使える臭い解決アイテム2選!

 

妊娠中の股の臭いは『雑菌』を抑えることで減らせる

雑菌の働きを抑えることでニオイは減らせる

 

妊娠中は大きくわけて『女性ホルモンの増加』『免疫力の低下』という2つの原因によって股周辺の臭いが増します。

 

でも、実は『雑菌』の働きを抑えることで驚くほど簡単に臭いを減らせるんです。

 

なぜこういう結果になるのか?ということを少し詳しく説明します。

 

女性ホルモンの増加によるカラダの変化

 

妊娠中はオリモノの量が増えます。これは、

 

  • 卵胞ホルモン:エストロゲン
  • 黄体ホルモン:プロゲステロン

 

という女性ホルモンが増加するからです。

 

さらに、黄体ホルモンには基礎体温を上げる作用があるので、汗をかきやすくなります。

 

その結果、

 

  • オリモノと汗が雑菌と混ざってイカ臭い!
  • しかもかゆい!

 

こんな状態になってしまうんです。

 

オリモノと汗がどうにもならない状況だからこそ、『雑菌』にターゲットを絞ることで臭い解決が見込めるわけですね。

 

免疫力の低下は赤ちゃんを守るためのもの

 

なぜ妊娠中に免疫力が低下するの?

 

それは、お腹の赤ちゃんを守るため。

 

免疫力が高いままだとママのカラダが赤ちゃんを異物として認識してしまうので、流産の危険性が高まると言われています。

 

なので、妊娠中は一時的に母体の免疫力を下げて赤ちゃんを守っているんですね。

 

ここで問題になるのが、細菌やウイルスに対する抵抗力です。

 

膣内も膣外も、菌に対する抵抗力が落ちてしまっているんです。

 

つまり、雑菌が繁殖しやすい状態だということ。

 

このままだとカンジタ膣炎などの膣トラブルも発症しやすくなってしまいます。

 

そこでここでも『雑菌対策』が重要になってくるわけです!

 

肌に刺激を与えずにしっかり洗うことが雑菌対策になる

デリケートゾーンソープは必須

 

しっかり陰部を洗って清潔にするのは股の臭い対策の基本です。

 

必ずデリケートゾーン用のソープを使って洗ってください。

 

ここで市販のボディソープで洗ってしまうと、逆に雑菌が繁殖しやすい環境に拍車を掛けてしまいます。

 

それは、以下の2つが理由です。

 

  • 市販のボディソープは洗浄力が高すぎる。
  • アソコの皮膚は吸収性が高い。

 

市販のボディソープは洗浄力を高めるため、また泡立ちを良くするために界面活性剤が使用されています。

 

これが肌に大きな刺激になります。

 

陰部の粘膜は経皮吸収性が高く、良いものも悪いものも肌が吸収しやすいんです。

 

なので、刺激の強い市販のボディソープが陰部の粘膜に触れるとヒリヒリと刺激を受けてしまいます。

 

これにより、ただでさえ免疫力が低下して弱っている肌をさらに弱めてしまうんです。

 

その結果、さらに雑菌が繁殖しやすい肌環境になり、臭いも増加します。

 

しかし、デリケートゾーン用ソープであればそんな心配はありません!

 

  • 強い刺激となる成分が含まれていない。
  • ヒリヒリしないのですみずみまで洗える。
  • 自然成分が陰部周辺の肌環境を整えてくれる。

 

と、デリケートな部分のことを考えて作られているので、肌環境を損なうことがありません。

 

肌を健やかに保ち、雑菌が増えにくい環境を作りながらキレイに洗えるんです。

 

妊娠中のデリケートゾーンケアには必須のアイテムです。

 

妊娠中も使えるデリケートゾーン用ソープはコレ一択♪

 

産後は陰部の外側と内側から『整える』と臭いを減らせる

 

ホルモンを整える座禅ネコ

 

産後6〜8週間の「身体が完全に回復するまでの期間」を産褥期(さんじょくき)と言います。

 

そして最初の約1ヶ月間、悪露(おろ)が出続けます。

 

悪露(おろ)とは?
血液、リンパ液、粘液、卵膜の一部など。血が混じっているので鉄のような独特な臭いがする。

  • 胎盤が剥がれたところ
  • 卵膜が剥がれて子宮にできた傷からの出血

などが悪露となって排出される。

 

で、この悪露が雑菌のエサになり股の臭いを酷くします。

 

産後は、陰部の内側、外側ともに雑菌が増えやすくなっています。

 

  • ホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下している。
  • 出産時の疲れが残っている。

 

などが理由ですね。つまり、臭い対策のためには、

 

  • 陰部の外側は雑菌の繁殖しにくい肌作りをする。
  • 陰部の内側は自浄作用を高めるためのケアをする。

 

この2つを意識する必要があります。

 

それぞれの最適な対策方法をご紹介します♪

 

陰部の外側はデリケートゾーン用ソープで洗いながら整える

デリケートゾーンソープの泡

 

悪露で汚れた陰部周辺はなるべく清潔を保ちたいところです。

 

そこで、身体に優しいデリケートゾーン用ソープで洗うことを心がけてください。

 

市販のボディソープは刺激が強く、さらに陰部は経皮吸収性が高い場所なので使うとヒリヒリと刺激を受けます。

 

その刺激が肌のバリア機能を下げ、ただでさえ抵抗力が下がっている産後のお肌をさらに弱くしてしまいます。

 

でも、デリケートゾーン用ソープであれば、

 

  • 強い刺激となる成分が含まれていない。
  • ヒリヒリしないのですみずみまで洗える
  • 自然成分が陰部周辺の肌環境を整えてくれる。

 

と、デリケートな部分のことを考えて作られているので、肌を『雑菌の繁殖しにくい肌』へ整えながらキレイに洗うことができます。

 

産後のお肌にも安心して使えるデリケートゾーン用ソープをぜひ試してみてくださいね♪

 

産後のデリケートな陰部にも安心して使えるオーガニックソープ

 

膣内からのニオイは乳酸を補給して整える

膣洗浄器

 

通常膣内は乳酸によって膣内が酸性に保たれ、自浄作用があります。

 

産後、ホルモンバランスが乱れると、ホルモンによって維持されていた膣内の粘性が減り、膣の自浄作用が低下して雑菌が増えやすい状態になります。

 

そこで、膣内環境を整える目的で乳酸を直接補給してあげる方法があります。

 

乳酸を補給して膣内の環境を整えることで、自浄作用を高めることができます。

 

日本ではまだ一般的ではありませんが、これは韓国の産後施設「産後調理院」では一般的に行われている方法です。

 

実はこの乳酸補給を自分で簡単に行える方法があるんです。

 

一歩進んだ産後のニオイケアをぜひ試してみてください。

 

乳酸を直接補給して自浄作用をサポートできる膣洗浄器はコレ

低刺激で妊娠中も使えるデリケートゾーン用ソープ

 

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテの商品写真

 

妊娠中や産後のケアに。赤ちゃんにも使える肌に優しいソープ。

 

自然のチカラがぎゅぎゅっと詰め込まれたオーガニック美容液ソープ。審査の厳しい『COSMOS』の規定をクリアした正真正銘のオーガニックです。

 

オーガニック成分のキメ細かい泡と自然由来のローズの香りが大切な部分を優しく包み込んでしっかり消臭&保湿。

 

肌状態を健やかに保ちながら汚れをしっかり落とすことができます。

 

自分を大切にしたいあなたにふさわしい、ラグジュアリーな体験ができるデリケートゾーンソープです。

 

公式サイトでアンボーテのスゴさを見てみる!

 

気になる臭いをスパッと切り離す!実感力の高い膣洗浄器

 

インクリア

インクリアの商品写真

 

84%の女性がスグにニオイ軽減を実感♪

 

ビデやシャワーなどの自己流の膣洗浄は、膣内の善玉菌を洗い流してしまいます。結果的に膣内の菌のバランスが崩れてニオイを酷くする結果に・・・。

 

インクリアは薬や洗剤ではなく、乳酸配合の優しいジェル。サッと膣内にジェルを行き渡らせて膣内環境の清浄化をサポート。

 

特におりものが気になる時にあるととても便利!さらに、ヒアルロン酸が配合されているので、乾燥によるかゆみにも効果が期待できます♪

 

※妊娠中の方は医師と相談の上ご使用ください。

 

デリケートゾーンのニオイ・おりものが気になる方へ 腟洗浄器inclearインクリア

 

落ち着いたら黒ずみ対策もしませんか?

黒ずみケアをしてあの頃の自分を取り戻しませんか?

 

妊娠中は女性ホルモン『エストロゲン』の影響で陰部や乳首が黒くなります。

 

エストロゲンには、

 

  • 卵胞の成熟を促す
  • 子宮内膜を厚くする

 

などの大切な役割がありますが、皮膚に関しては黒ずみの原因となる『メラニン』の生成を促すという作用があります。

 

もちろん、産後しばらくすると落ち着いてきますが、肌状態が悪いと色素がそのまま沈着することもあります。

 

産後の黒ずみがなかなか落ちない!と悩むママは意外と多いんです。

 

そこで、産後ある程度落ち着き、臭いも気にならなくなったら今度は黒ずみ対策をしませんか?というご提案です♪

 

子供を産んでも、歳をとっても、いつまでもキレイでいたい。あの頃のままの自分でいたい。

 

心ではずっとそう思っていませんか?

 

もしあなたが少しでもそう思っていたら、一度こちらをチェックしてみてください。

 

普段のケアに+αするだけ!一歩進んだ簡単黒ずみケア方法とは?

『妊娠中や産後の股の臭いのケア方法』その他の記事はこちら♪

妊娠中はカンジタ膣炎になりやすい。カンジタ膣炎はカンジタというカビが膣に感染する症状で、健康な女性であっても誰もがかかる可能性を持っています。身体の免疫力が下がることで感染、発症することが多いですが、特に妊娠中の女性はホルモンバランスの崩れ、ストレスなどの影響で母体の抵抗力や免疫力が低下しカンジダ膣炎になりやすいです。症状としては膣の内側や周辺に強いかゆみを感じる、ヒリヒリ感、ただれ、白くぽろぽろ...

出産後の約1ヶ月〜1ヶ月半ほどは悪露(おろ)が排出されます。子宮の内側や膣の傷口などから出る粘膜や分泌物、卵膜、リンパ液の残り、血液などで構成されていて、血の混じったおりもののようなものが出ます。鉄のような独特な臭いがします。「出産であんなに血が出たのに、産後もまた出血なんて!」と、びっくりするかもしれませんが、これを見ることで、子宮が妊娠前の状態に戻るまでの回復具合を把握することが出来ます。これ...