産後の股の臭いの原因と対策方法

産後の股の臭いの原因と対策方法

 

産後の股の臭いの原因は?

 

出産後の約1ヶ月〜1ヶ月半ほどは悪露(おろ)が排出されます。

 

 

子宮の内側や膣の傷口などから出る粘膜や分泌物、卵膜、リンパ液の残り、血液などで構成されていて、血の混じったおりもののようなものが出ます。鉄のような独特な臭いがします。

 

 

「出産であんなに血が出たのに、産後もまた出血なんて!」と、びっくりするかもしれませんが、これを見ることで、子宮が妊娠前の状態に戻るまでの回復具合を把握することが出来ます。

 

 

これは出産すると必ず排出されるものなので、産褥パッドで対応しつつ体力回復に務めてください。

 

 

生理用ナプキンで悪露に対応してしまうと、通気性が悪くかぶれてしまうことがあります。できる限り産褥パッドか布ナプキンを使うようにしてください。

 

 

産後は股の臭いが気になるママも多いです。ただでさえ身体や肌の抵抗力が落ちているのに、悪露によって雑菌が繁殖してしまうからです。

 

 

産後1か月もすれば徐々になくなっていくのであまり気にしなくても良いのですが、場合によっては注意が必要となる場合があります。

 

 

産じょく期が終わった後に臭いやかゆみがある場合。

 

産後は体力が落ち、ホルモンバランスも崩れている状態です。生まれつき備わっている膣の自浄作用も低下しているため、以下のトラブルになりやすくなっています。

 

 

細菌性膣炎

 

おりものが魚の腐ったような生臭い臭いになります。これは自浄作用が低下し、膣内の環境が悪化した結果、細菌に感染してしまい炎症が起きている状態です。

 

 

これは特に珍しいことではありません。

 

 

カンジタ膣炎

 

とくに悪臭はありませんが、カッテージチーズのようなポロポロしたおりものを分泌し、強いかゆみを感じます。

 

 

もともとカンジタ菌は膣内にいる常在菌で、膣内の菌バランスが崩れることでカンジタ膣炎は発症します。

 

 

もしこのような異常を感じたら自己判断はせず、すぐに婦人科に相談してください。

 

 

産じょく期から常に清潔を心がけることが大切。

 

産じょく期は悪露が洗えていないと雑菌繁殖の原因になります。雑菌が繁殖すると臭いが強くなります。そもそも出産で体力を使い体も弱っている時期ですので、きちんとケアして雑菌が繁殖しにくい環境づくりをしましょう。

 

 

肌に優しいデリケートゾーン用ソープで股を洗うことで臭いの早期改善が見込めます。ただし、洗い過ぎると皮膚の常在菌のバランスが崩れ、本来ある自浄作用が弱まってしまうのでご注意ください。

 

 

産じょく期が終わった後も股を清潔に保つのは対策の基本です。膣の自浄作用が戻るまで、つまり膣が完全回復するまでは、膣内洗浄剤を使用するのもひとつの手段です。

 

 

膣内洗浄剤を使えば、膣の自浄作用を損なわずに膣内を清潔に保つことができ、臭いの解消につながります。

 

 

婦人科医との共同開発!腟洗浄器inclearインクリア

タイプ別股の臭い最短ケア方法