股の臭いが酷くて病気が心配!?チェック項目と対処法

股の臭いが酷くて病気が心配!?チェック項目と対処法

 

股の臭いが酷くて病気が心配

 

  • トイレで下着を下ろした時。
  • ふとしゃがんだ時。

 

デリケートゾーンの臭い、気になりますよね。

 

 

女性のデリケートゾーンは構造が複雑で汚れやすく、蒸れて温度が高くなりやすい場所です。この環境は雑菌が増殖しやすく、それに伴い臭いも強くなります。

 

 

ですが、これは誰にでも起こり得ます。心配なのは、普段と同じ生活をしているのに急に臭いが強くなった場合です。

 

 

もしかして、病気になった?

 

 

と、心配になることもありますよね。しかし、股の臭いは体調の変化などで変わる事があるので、すぐに病気と判断することは出来ません。

 

 

性病キットがあるくらいなので自己判断はかなり難しいのですが、以下の項目をチェックすればある程度の判断をすることができます。

 

 

股の臭い、おりもの、症状のチェック項目。

 

股の臭い、おりものの状態、その他の症状から判断できる代表的な病気をまとめました。病名と症状が一致するとは限りませんので、あくまで参考程度に留めておいてください。

 

病名 ニオイ オリモノ状態 その他症状
細菌性腟炎 生臭い、魚臭い 黄色、黄緑がかった色 自覚症状はほとんど無し。
カンジタ膣炎 チーズのような臭い ぽろぽろとしたカッテージチーズ状、白色や黄緑色 かゆみ、炎症がひどくなるとヒリヒリした痛みを伴うことがある。
トリコモナス膣炎 生臭い、魚の腐ったような臭い 白い泡状や黄緑色のおりもの、出血する場合もあり ただれ、かゆみ、痛み、腫れ、灼熱感。排尿時や性交時に痛みが伴うことがある。
クラミジア感染症 特になし 少し増えるくらい 症状が出にくく、感染に気付かない事が多い。下腹部が痛くなることがあるが判別がしにくい。

 

股に異常を感じたら婦人科へ。

 

パートナーに迷惑をかけないためにも、

 

  • 何かおかしい。
  • 何かいつもと違う気がする。

 

と感じたら自己判断せずに婦人科に相談することをオススメします。

 

 

もちろん日頃から清潔をこころがけることも大切です。清潔に保って雑菌が繁殖しないよう、正しいケアを行ってください。

 

 

正しいケアのひとつとして「綺麗に洗うこと」がありますが、

 

 

そもそも股は何で洗えばいいの?

 

 

という疑問がありますよね。

 

 

デリケートゾーンは市販の石鹸やボディソープでは洗うのはオススメできません。

 

 

市販の石鹸などで股を洗ったとき、ヒリヒリした経験はありませんか?これは、デリケートゾーンに優しい成分で作られていない事が原因です。

 

 

デリケートゾーンは皮膚が薄いので、市販の石けんやボディーソープでは刺激が強すぎるんです。刺激の強い市販のソープでゴシゴシ洗いをしてしまうと、肌を傷つけ乾燥を招きます。

 

 

乾燥肌は肌のバリア機能を低下させ、雑菌が増殖しやすくなるだけでなく、皮脂分泌も促してしまいます。洗うという行為が逆に臭いを増してしまうんです。

 

 

なので、デリケートゾーンはデリケートゾーン専用のソープをできるだけ使用してください。ただし洗うのは外側だけ。膣内を洗ってはダメです。

 

 

また、臭い発生の原因が、「体力低下やストレスなどでホルモンバランスが崩れて膣の自浄作用が低下している場合」は、膣内のphバランスを整えるために膣洗浄剤を使用すると効果的です。

 

 

婦人科医との共同開発!腟洗浄器inclearインクリア

 

 

膣洗浄剤は、膣内の自浄作用を低下させることなく、膣内の雑菌やおりものなどを洗い流し、さらに膣内環境を整えることができます。

 

 

また、食生活や運動不足などでもニオイが強くなることがあります。栄養や睡眠をしっかり取り、健康的な生活を心掛けてくださいね♪

タイプ別股の臭い最短ケア方法