股の臭いにはどんな種類がある?気になる臭いをチェック!

股の臭いにはどんな種類がある?気になる臭いをチェック!

 

臭いにはどんな種類があるの?

 

女性であればデリケートゾーンの悩みは少なからずありますよね。嫌な臭いに悩まされている方は本当に多いです。でも、実は股の臭いは人によって違います。

 

 

体質や生活習慣、食生活、ストレスなどが分泌物に影響を与え、それによって臭いも変わってきます。

 

 

なので「普通のニオイ」というものはなく、どんな臭いが良くてどんな臭いがダメかなどの基準はありません。

 

 

だからこそ普段から自分の臭いをチェックしておき、気になるようなことがあれば対処することが必要となってきます。

 

 

臭いの種類にはどんなものがある?代表的なものをまとめました。

 

アソコの臭いの種類。代表的なものまとめ。

 

ネットで色々と調べてみると、その臭いは様々な表現をされているのがわかります。その中でも特によく言われているものを以下にまとめました。

 

正常な臭い

 

酸っぱい臭い

 

酸っぱい臭いは正常です。おりものも正常な状態だと酸っぱい臭いがします。乾くと少し臭いは強くなりますが、特に問題はない状態であると言えます。

 

膣の中にはデーデルライン桿菌という常在菌がいて、膣内を酸性に保っているため、酸っぱい臭いは自浄作用が正常に働いている証拠なのです。

 

垢をこすった時のような臭い

 

汗と皮脂が交じり合うと、それを餌にする雑菌が増殖し、このような臭いとなることが多いです。蒸れなどもあるためムワッと不快な臭いはしますが、つんとした鼻をつく臭いではありません。

 

アンモニアの臭い

 

デリケートゾーンからアンモニア臭がする場合は、陰部を正しく洗えていないことが多いです。複雑な形状である陰部は洗いにくく、排尿の際も汚れやすくなっています。

 

特に陰部は構造が複雑なので、“恥垢”と呼ばれる垢がたまりやすい場所です。さらにおりものなどの分泌物やトイレットペーパーなどもこびりつきやすいので、意識して清潔にする必要があります。

 

放置すると肌トラブルが起きる可能性もあります。

 

スソワキガの可能性

 

「ネギ類、鉛筆の芯のようなニオイ」

 

こんな場合はスソワキガの可能性があります。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

エクリン腺がほとんどが水で無臭な汗を分泌するのに対し、アポクリン腺はタンパク質・脂質・糖質・アンモニアなど栄養豊富な汗を分泌します。

 

それが雑菌に分解され、ツンとした臭いを放ちます。アポクリン腺は陰部や脇、へそ、乳輪に多く存在します。アポクリン汗腺の数は遺伝によって決まります。

 

また、体温の上昇やホルモンバランス、食事内容、生活習慣などによってもその強さは変わってきます。

 

婦人科の受診をお勧めする臭いとは一体どんなもの?

 

こんな時は婦人科へ

 

生臭いニオイ、腐ったような臭い

 

イカ、スルメ臭、魚臭、チーズ、納豆、牛乳が腐ったような臭いなどその表現は多岐にわたります。

 

 

つまりいつもとは違う強烈なものです。このような強く不快な臭いの場合は、性病もしくは膣の状態が悪化している可能性があります。

 

 

性病にかかってしまっていたり、膣の環境が悪化して膣内の抵抗力が落ちると膣炎が起きやすい状態になります。そうなると、もともと備わっている自浄作用が働かず、雑菌が増え、臭いを発するようになります。

 

 

また、膣内を間違った方法で洗浄してしまうと、善玉菌のバランスが崩れるため、ガンジダ膣炎などの病気にかかりやすくなります。

 

 

デリケートゾーンの臭いは、ストレスや体調不良、体力の低下などで膣内の菌のバランスが崩れ、それによって発生することも多いです。

 

 

臭いのパターンは人それぞれであるため、正常なニオイというのはあまり判断がつきません。なので、素人が判断するのは危険です。普段と違うなと少しでも感じたらすぐに婦人科を受診しすることをオススメします。

 

 

もしニオイの原因が性病であれば、ニオイに加えて次第に別の症状も現れ出します。

 

 

おりものが黄色や褐色、緑色になったり、ポロポロとした形状になったり、セックス時に痛みを感じたり、平常時でも痛みや痒みなどがあったりしたら性病の可能性が高いです。

 

 

ただし自覚症状が出にくい病気もあります。「あまり大したことがないから」とは思わずに、少しでも普段と違うようなこと、些細でも気になるようなことがあれば婦人科へ相談してくださいね。

 

 

性病、膣トラブル以外は正しいケア方法で自己解決できます。

 

性病や膣内トラブル以外は膣外で発生している臭いです。

 

 

雑菌の繁殖による臭いはデリケートゾーンを清潔に保ち、スソワキガの場合であればさらに体調管理、食生活の改善、ストレス解消などを行います。

 

 

正しくケアを行なうことができれば、「解決」もしくは「大幅な改善」は十分可能です。なので、あきらめないでください。正しいケア方法は以下で詳しく説明しています。

 

 

タイプ別股の臭い最短ケア方法