股の臭いがストレスで酷くなるのは何故?原因と対処法

股の臭いがストレスで酷くなるのは何故?原因と対処法

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れる

 

膣内の粘性は女性ホルモンの働きによって保たれているので、これが崩れると膣内の健康にも影響が出てきます。

 

 

ホルモンバランスはストレスによって左右されやすく、崩れると膣内の粘性が維持できず、自浄作用が低下、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

 

そうなると膣炎などのトラブルがおきやすくなり、臭いも影響が出てきます。またこういったホルモンバランスの乱れは皮膚のバリア機能を低下させかゆみを誘発することもあり、これらのトラブルが相互に作用しあって臭いを強めることも多いです。

 

 

股をゴシゴシ洗ったり、自己流の膣内洗浄はNG

 

臭いが気になるとなれば原因をきれいに洗い流して対処しようとするものですが、そこで気をつけなければいけないのがゴシゴシ洗いです。

 

 

ゴシゴシ洗いは股の皮膚を傷つけ、バリア機能を低下させさらに雑菌が増えやすくしてしまいますから注意してください。きれいにし臭いを消すつもりが、余計に酷くなるリスクを高めてしまいます。

 

 

また自己流の膣洗浄は膣内の必要な菌まで洗い流してしまい環境を悪化させてしまうので、内部を洗うようなことは行わないようにしましょう。

 

 

基本的に膣内の環境は膣自体の自浄作用によって保つべきですから、手をかけてきれいにしようとするのは逆効果です。デリケートな部分であるため、傷めて酷い思いをする可能性の方が高くなってしまいます。

 

 

デリケートゾーンを正しく洗い、膣内は専用の洗浄剤を使用する。

 

臭いを気にしてケアをする場合には、股周辺は刺激の少ないデリケートゾーン用ソープを使用するようにしましょう。ボディソープなどよりも低刺激で優しく洗うことができます。

 

 

またうるおい成分などが含まれているため乾燥対策も行え、より健やかな環境を整えるのにも役立ってくれるのでおすすめです。どうしても膣内洗浄をしたいという場合には、専用の膣洗浄剤を利用するようにしましょう。

 

 

膣洗浄剤は膣内のホルモンバランスを保ちつつ洗浄することができるため、自己洗浄によって膣内環境を悪化させるリスクを避けきれいにすることができます。

 

 

デリケートゾーン専用ソープは薬局などでも取り扱いが多く比較的手に入れやすいですが、膣洗浄剤となるとこれはほとんど店頭で扱われていることは無く、入手先はネットに限定されます。自分でアイテム選びを行うのが怖いという場合には産婦人科医などに相談しアドバイスをもらうようにしてください。

タイプ別股の臭い最短ケア方法