強烈な股の臭いはスソワキガ?チェック方法と対策方法

強烈な股の臭いはスソワキガ?チェック方法と対策方法

 

スソワキガのチェック方法と対策方法

 

日常生活でも気になる、デリケートゾーンの嫌な臭い。これは女性であれば誰もが経験がありますよね。しかし、臭いの原因はさまざまです。

 

 

臭いの原因のひとつに「スソワキガ」があります。

 

 

もしも酸っぱいニオイではなく、

 

  • 鼻につんとくる
  • ウッとくるような臭い
  • 鉛筆の芯のような臭い
  • ネギのような臭い

 

が陰部からした場合、スソワキガの可能性があります。

 

 

ネットを調べるとスソワキガの臭いを表現する言葉は沢山ありますが、自分の臭いはなかなか気づきにくいものです。

 

 

一番指摘されたくない彼に指摘されて気づくという、悲しいことも起こりえます。それを防ぐためにも、まずはセルフチェックをオススメします。

 

 

スソワキガのチェック方法とは?

 

ご自分がスソワキガかどうかは、以下のような条件に当てはまるかどうかで知ることが出来ます。

 

  • 耳垢が湿っている。
  • シャツの脇の部分が黄ばむ。
  • 両親、または片親がワキガ体質。

 

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺の汗は99%が水なのであまり臭いません。

 

 

しかし、アポクリン腺から出る汗はタンパク質、脂質、糖質、アンモニアなどが含まれていて、雑菌の大好物です。これらを餌に菌が増殖しながら分解することでワキガの酷い臭いになります。

 

 

アポクリン汗腺の量は遺伝によって決まり、両親がワキガ体質の場合は8割、片親がワキガ体質の場合は約5割の確率で遺伝します。

 

 

アポクリン汗腺が多い場所は脇の下、へそ回り、陰部、耳の中です。これにより、耳垢が湿っていたりシャツの脇の部分が黄ばんでいたりするとワキガ体質である可能性が高いと判断できるのです。

 

 

特に耳垢チェックは有名です。耳の中には通常の汗が出るエクリン汗腺が存在しないので、耳垢が湿っていた場合はアポクリン汗腺の影響だとすぐに判断できます。

 

 

股の部分は構造上汚れもたまりやすく、蒸れやすいので、雑菌が増殖する悪条件になりやすい場所です。

 

 

認めたくはないと思いますが、なるべく早く事実を受け止め、正しい対策を始めてください。

 

 

スソワキガ解消には多方面からのアプローチが必要。

 

スソワキガ対策は、「これだけやれば大丈夫!」という方法はありません。ケア方法は多方面からのアプローチが必要になります。

 

 

雑菌を繁殖させない環境づくり。

 

まずは雑菌が繁殖しにくい環境づくりからはじめましょう。

 

 

人間誰でも汗はかきます。しかし、汗自体は臭いません。それを分解する雑菌に問題があります。雑菌を増やさないためには、

 

  • 蒸れにくい下着(綿やシルク)を選ぶこと
  • 出来る限りデリケートゾーンを清潔に保つこと

 

この2つを心がけてください。通気性のよい下着を選ぶことで蒸れを予防します。

 

 

また、ご自身の陰部の形状を理解し、正しく洗って恥垢や汗、尿などのこびりつきを防ぎ、雑菌に餌を与えないようにしてください。

 

 

食生活の改善。

 

アポクリン腺に含まれるタンパク質や脂質を減らすためには、タンパク質や脂質の摂取量を減らす必要があります。ジューシーなお肉や揚げ物などを食べすぎると体臭を増やすことにつながるので、できるだけ意識して控えてください。

 

 

また、それとは別のお話しで、消化の良くない食べ物は胃腸に食べ物が残りやすく、腸内環境を悪化させる原因になります。

 

 

腸内環境が悪化し、悪玉菌が優勢になると、腐敗臭を発生させます。その臭いが腸壁から吸収され、血液に乗って全身を巡ることで、汗や分泌物に影響を及ぼします。

 

 

できるだけ野菜やヨーグルトなどを摂り、腸内に善玉菌を増やすことで臭いを抑えることができます。

 

 

陰部の肌状態を健康に保つ。

 

保湿をしっかり行い、肌状態を健康に保つことも重要です。皮膚が乾燥すると、それを補うために皮脂分泌が過剰に行われるようになります。

 

 

分泌された皮脂が酸化したり、雑菌によって分解されたりすると、強い脂肪酸の臭いを発生させ、スソワキガの臭いに混じることになります。

 

 

肌状態を健康に保つことで皮脂の分泌を減らすことができ、結果的に臭いの減少につながります。

 

 

臭い拡散防止のための脱毛。

 

余裕があればサロンでの脱毛をオススメします。陰毛はニオイを拡散させてしまうため、できればケアはした方が良いです。

 

 

ただ、カミソリや毛抜きなどでの自己処理はできるだけ避けてください。自己処理によって肌を痛め、本来持っている肌のバリア機能を低下させる恐れがあります。

 

 

バリア機能が低下すると雑菌が繁殖しやすい肌になってしまい、臭いが強くなる可能性があります。

 

 

現在、陰部の脱毛は広く認知されていますし、多くのサロンでキャンペーンが行われています。恥ずかしいと感じる必要はまったくありません。費用も全く手が出ないほどではありません。

 

 

デリケートゾーンには肌にやさしい専用のケア用品がオススメ。

 

デリケートゾーンは他の部位に比べ角層が薄く、経皮吸収しやすい場所です。つまり、良いものにも悪いものにも影響されやすいということです。

 

 

であるならば、ケア用品にはこだわりたいですよね。しかしそれにはどうしてもお金が掛かってしまいます。デリケートな部位だからこそ、丁寧なケアが必要なんです。

 

 

汚れを落とすなら、市販の石鹸やボディソープではなく、デリケートゾーン専用のソープでしっかり汚れを落としてください。

 

 

ただし膣内を洗ってしまうと膣の常在菌のバランスが崩れ、膣の自浄作用が低下して臭いやすいアソコになってしまうので注意が必要です。

 

 

また、スソワキガに使える専用クリームもあります。

 

 

制汗作用、殺菌作用、消臭作用、保湿作用があるので、デリケートゾーン用ソープで洗った後にケアをすることで、スソワキガの臭いを大幅に抑えることができます。

 

 

すそワキガにクリアネオ
朝晩塗るだけでスソワキガ対策「クリアネオ」

タイプ別股の臭い最短ケア方法